散財エアファイター・イントルーダーとグリペン

ラインアップがコロコロ変わり、バリエーション展開(テレビアニメで言う所の「再編集話」か)が増えて、スリリングな展開になってきている「エアファイターコレクション」。2018年11月11日現在、33号までのラインアップが発表されていますが、トムキャットは既に5機と、このままラインアップが再編集もといバリエーション展開で消費されてしまうのではないかと、少々不安です。

 

F-2B、MIG-29と続いて、12〜13号は「A-6E イントルーダー」と「JAS39 グリペン」です。

 

 

 

うーん、アッサリ。細部も、いつものように、こんな感じ。

 

 

 

イントルーダーの誘導爆弾の先端などは、ぽよんと曲がってるしネ。

 

でも、そんなことに目くじらを立てていては、安価な完成品の商品を購入すること自体が無理です。このクオリティで納得できないのなら、自分で作るしかないですもんネ。

 

いつものように、墨入れで雰囲気を追加します。

 

*墨入れだけで済ませば、必要なのは上図の塗料と溶剤、そして綿棒だけです。材料費は1000円に満たず、相当長い期間使えます。

 

 

 

 

のっぺりツルリンとした元の状態より、多少は雰囲気が出た感じです。誰に見せるわけでもなし、自己満足の領域で良いのです。

 

 

エアファイターコレクションは、前述の通り、ラインアップがどんどん怪しく縮小されており、無難路線と省力路線が交錯した結果、結局はありきたりの、現在の人気機種のバリエーション展開になりそうな雰囲気もします。‥‥そうならないのを願っていますけど。

 

今現在、普通に72や48で手に入る機種を1/100で刷り直しても、全く面白くないです。F-100とかF-105とか、ハンターとかビゲンとか、今はもう手に入らなくなった往年のエアファイターをお願いしたいです。

 

 

1/100‥‥といえば、タミヤのミニジェットシリーズ。

 

一旦絶版になって、コンバットプレーンシリーズとして少数が再販されています。

 

タミヤのコンバットプレーンシリーズは、再販されたのちに、既に在庫なしの型番も多いです。MIG-21とかB-52Dとか、欠品のままです。私としては、ミニジェットシリーズ時代のラインアップを全て復活して欲しいところですが、MIG-19やIL-28が手に入るだけでも喜ぶべきでしょうネ。

 

エアファイターコレクションに乗じて、コンバットプレーンも混ぜて並べようと思ってます。下は筆塗り途中のA-6、IL-28、MIG-19です。エアファイターコレクションに混ぜて並べるので、クオリティは緩く気楽に、サーフェイサーも吹かずに、食玩風(=ランナーに繋がっているうちに色も塗ってしまう)に作ってます。

 

*タミヤアクリルで、アクリル絵画風にペイントしています。「塗装している」感じよりは、「絵を描いている」感じに近いので、私としては気楽です。

*ランナーに繋がっているうちに塗っても、組み立てた後でヤスリやカッターで接合部を処理するので、ちょいちょい塗り直す箇所は発生します。そういうこともあり、絵画風ペイントが適している(重ね塗りの技法だとタッチアップ部分が紛れる)のです。

*ビーグルとファーマー(IL-28とMIG-19)の金属風ペイントは下地です。イントルーダーは横着して、成型色にいきなり塗り始めていますが、普段はどんな色でも、金属系の赤と青をわざとムラ塗りして下地にして(ラッカーかアクリル)、塗装色を5段重ね塗り(重ねるごとに細い筆で塗る)で筆塗りしています。

 

 


散財エアファイター【5】ラインアップに異変?

今やプラモデル界は、飛行機といえば零戦やBf109の繰り返し。往年のジェット機など無視されて久しい中、エアファイターコレクションは勇猛果敢なラインアップで楽しみにしております。

 

んが。

 

今後のラインアップをWebで確認したら、16号から先が真っ白。

 

 

 

しかも、しれっと、MIG-25が消えています。

 

トップページと食い違っております。

 

 

 

リストを見ると、第14号のはずのMIG-25が消えて、ミラージュ2000が繰り上がって、F-14のトムキャッターズ=塗装&マーキングのバリエーションが末尾に追加されています。

 

あれ。。。

 

もう、再編集回か。バリエーション展開か。

 

 

MIG-25、凄く楽しみにしてたのに。

 

 

ソビエト機、出せ〜〜〜。

 

エアファイターコレクションは、半分くらいは、ソビエト機のために買ってるんじゃー。

 

ミグ出せ〜、スホーイ出せ〜。ツポレフ〜‥‥は無理か。

 

 

でもまあ、気長に気楽に待ちます。これがないと仕事にならないわけじゃなし。

 

 


散財エアファイター【4】まとめて5機

家に帰ったらまとめて届いてました。

 

 

 

購読特典のF-4EJ、欠品だったフランカーとハリアー、最新のF/A-18EとA-10の、計5機です。

 

並べてみて、フランカーのひときわ大きいこと。大柄なA-10に負けていません。

 

 

 

A-10の1/100スケールは珍しいので(まあ、1/100スケール自体珍しいんですけどネ)、気になっている人は買いかも、です。

 

Amazonだとすぐにプレミア価格に高騰しますし。‥‥というか、既に3500円まで高騰。

 

 

 

エアファイターコレクションは、今後もどんどん珍機(というほどでもないが、1/100では珍しい)が発売されるので、ジェット機好きなら要チェックです。

 

 

今はめちゃ忙しいので、開梱して並べておしまい。

 

墨入れはまた今度の機会にまとめてやろうと思います。

 

 

 

追記:

 

今回の写真は、長らく使ってなかったNikonの防水デジカメ「S33」を使用しました。う〜ん、画質は良くないですネ。室内で光量不足というのもありますが、iPhoneのほうがもっと綺麗に撮れるように思います。コンデジと言えど生粋のカメラなのに、この程度の画質なのは、コンデジの存在意義の危うさを感じます。

 

でも、カメラへの愛着は消えません。コンデジのブレークスルーとなる製品をずっと待ってますヨ。

 

 


散財エアファイター;F-35とラファール。

「エアファイターコレクション」はアシェットからの通知によると「3〜5号が予想以上に売れて在庫切れなので、追加生産中」とのことです。ゆえに、私も4号5号は未到着、定期購読特典も未到着で、号を飛ばして6号、7号が先に届きました。

 

 

 

F-35ラファールです。F-35は自衛隊仕様、ラファールはC型です。

 

F-15の時に汚しすぎた失敗を踏まえ、今回は大人しくスミ入れだけです。私のようなサンデーモデラー(の下の部類)は、特に1/100スケールにおいてはスケベ心を出さず、ひと味添えるくらいのディテールアップがよろしいです。

 

スジ彫り状態はこんな感じです。

 

 

 

このスジに、明るい塗装部分は暗めのグレーを、暗い塗装部分はほぼ黒(ちょっとだけ明るい黒)のサラサラにゆるいエナメル塗料を流し込みます。

 

*写真は拭き取った後の状態です。

 

スミ入れして拭き取ると、こんな感じの印象です。

 

 

 

 

所要時間は30分に満たないくらいでしょうか。

 

写真に写り込んだ綿棒との対比で、1/100の大きさが何となくでもお分かりかと思います。

 

まあ、おおらかな出来の1/100スケールモデルですから、これ以上の踏み込みはやめて、ちゃちゃっと他のエアファイターと並べて完了です。

 

次号はA-10なので、1/100と言えど結構でかいですネ。冬くらいに登場予定のMIG-25にも期待してます。

 

 

 

 


ポスターのサイズ

小池繁夫さんのアートプリントが7/30までの期間限定で超々特価。以前から、特に厳選して購入していましたが、300円、600円の大特価で購入できるとなれば、買わずばなるまい。

 

 

 

全部買い揃えたわけではないですが、かなり揃いました。

 

‥‥で、このアートプリントシリーズの何が良いかというと、「原寸サイズ」で、水張り(だと思うんだけど)の跡も生々しい、「原画複製」にこだわった点です。

 

 

 

でも、こういう「大判ポスター」を買う時って、何が悩むかと言えば、「フレーム」=飾る際の「額縁」のサイズです。

 

なぜか知らないけど、ポスターの商品ページには、小池繁夫さんのアートプリントに限らず、「どんなサイズのフレームを買えば良いか、記述がない」ことが多いですよネ。

 

寸法で色々悩んだ挙句、お手頃なフレームに入れられないと判断し、飾れない=買わない‥‥という結果に陥ることが結構多いです。まさか、オーダーメイドの高価なフレームをポンポン買えるわけもないですから、ポスターの販売ページには、適合するフレームサイズを併記するだけで、相当、購入&決済のハードルが低くなる‥‥と思われます。

 

だって、買っただけで、飾れないんじゃ、「絵を(複製とは言え)買った意味」がないですもんネ。

 

 

 

なので、この小池繁夫さんのアートプリントに関しては、不肖わたくしめが、適合するフレームの情報を書いときます。

 

商品ページには‥‥

 

◇ イラストサイズ:400×315mm(原寸大)/アートプリントサイズ:625×453mm ◇

 

‥‥とあって、イマイチ、要領を得ません。「アートプリントサイズ:625×453mm」ということは、紙のサイズが「625×453mm」のように受け取れます。しかし、625×453mmなんてサイズは、検索しても見つかりません。「うわー。オーダーメイドのフレームが必要なのか‥‥」とプチ絶望テンションになります。

 

しかし、実はそうではなくて、別記で「パッケージサイズ:62.5 x 45.3 x 0.2 cm / 320g」とありますから、送付する時の収納サイズが625×453mmなだけで、実際のプリント用紙サイズは‥‥

 

A2規格のフレームにピッタリフィット

 

‥‥します。

 

う〜ん、「アートプリントサイズ:625×453mm」は誤記なんじゃないの? 意味が伝わらないです。Webでの表記上の手違いなのかな?

 

ともあれ、私が実際に小池繁夫さんのアートプリントを収めて飾っているフレームは、アルテの内寸「420x594mm」=A2収納のサイズのこれと‥‥

 

 

コクヨの同じ内寸のこれ、

 

 

 

‥‥です。

 

とにかく試しにフレームを買ってみて、もしアートプリントが収まらない時は、カッターで余白を切り取って‥‥と思っていましたが、全くそんな手間など必要とせず、あっさりフレームに収まりました。上の2つの製品は私が実際にアートプリントを収めて飾っている「適合」実証済みの商品ですが、420x594の内寸=A2サイズなら、他の製品でも普通に収まりそうです。1000円チョイで買える安価なフレームにも収納できるんじゃないでしょうか。

 

 

 

こうした情報を、商品ページに併記するだけで、ずいぶんと買いやすくなるのにね。

 

でもまあ、小池繁夫さんのアートプリントをサマーセールで格安(投げ売りと言っても過言ではない‥‥)で購入できるだけで嬉しいです。安価に手に入るA2の額に収めて飾れるので、もし飾る場所があって、メカ好き・飛行機好き・絵画好きならば、オススメですヨ。

 

 

 


ケーブルバイト

‥‥というのがあるのですネ。アマゾンで動物の立体模型を探してたら、横道に逸れて、結局買っちゃいました。

 

ケーブルバイトとはコレです。

 

 

この写真だけだと何だかわかりませんが、要はコネクタを保護するアクセサリ‥‥のようです。

 

しかし、どう考えても、これは装飾だよなあ。マレーバクのケーブルバイトをiPhoneのライトニングケーブルに装着した写真です。

 

 

 

種類はいっぱいあって、私はこういう感じのくたっとして可愛いのに目がないので、iPadやFireを机や棚で常用していることもあり、色々買ってみました。

 

 

 

ちなみに、絵をiPad Proで描く時には邪魔になります。‥‥当然か。。。

 

USB(ミニ、マイクロ)の場合は、動物の背中と腹を端子の上と下にしておけば、台形断面のコネクタを挿すときにイライラしないですみます。

 

これがなくても、全然困ることはない、充電して置いておく時のアクセサリというか、グッズですネ。

 

 


散財エアファイター【3】〜F-15アグレッサー

1/100スケールのエアファイターコレクションの3番目は「F-15」です。

 

 

 

単座型のF-15の美しい機首が再現されていますネ。小さいスケールになると、このあたりが一番気になりやすいのです。

 

ステンシル類は全部省略されているので、かなりサッパリ味のF-15Jです。F-15の頃の軍用機は、鬼のようなステンシル責めが特徴の1つですから、ステンシルが全くないと印象が単純です。

 

なので、いつもより濃いめに汚したら汚れ過ぎました。グレー系はまだしもブラウン系は余計でした。戦車じゃないんだし。‥‥‥でもまあ、いいか、遠くで見る分には。

 

やっぱり、控えめにスミ入れ程度、ノズル部分の金属処理程度にしておくほうが良いですネ。そもそもダイキャストのスジ彫りが1/100ですとオーバーですから、あまりイジらずに並べて楽しむのがこのシリーズの楽しみ方でしょうネ。

 

次号はフランカーです。ロシアのSu-27。

 

シリーズ最初は人気機種ばかりですが、MIG-25あたりが出る頃から、シリーズも楽しくなっていく感じです。

 

 


散財エアファイター

1/100のエアファイターコレクション。創刊号と2号が届いて、中身を開けてみました。

 

 

 

ダイキャスト製と宣伝しているわりに、特にトムキャットは、各所が樹脂っぽいです。

 

‥‥あれ? ダイキャストって、どういう定義だったっけ?

 

 

 

ダイカスト (die casting) とは、金型鋳造法のひとつで、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産する鋳造方式のことである。ダイキャストとも言われる。またこの鋳造法だけでなくダイカストによる製品をもいう。

 

 

 

非鉄金属を使用することも多いので、必ずしも磁石がくっつくわけでもないようです。エアファイターコレクションの金属らしき部分には磁石は反応しませんでした。

 

まあ、実物を持ってみると、確実にプラよりは重いので、部分的に非鉄金属が使われているんでしょう。金属と樹脂、混合のパーツ構成ですネ。

 

私の今までの経験からすれば、このハイブリッド構成は歓迎です。妙にダイキャストにこだわるよりは、繊細さが必要な部分はプラでも何でも使って、精密感を出して欲しいからです。

 

「ダイキャスト完成品の飛行機」は、1〜1.5万円の製品は値段相応の良い出来ですが、2千円前後のものはかなりバラつきがあります。以前に2500円くらいで買った、ヘルキャットとウーフーの1/72(シリーズものではなく単発)は模型というよりは「鈍器」と言った風情で、出土した古代の銅器みたいでしたもん。‥‥それに比べれば、色々とキツめのレビューが目立つ「傑作機コレクション」シリーズも、まだ良いほうです。

 

 

*傑作機コレクション。細いパーツとキャノピー以外はほぼ金属。鈍器のようにズッシリと重いです。重すぎるくらいです。そして、色々と問題も抱えてもいます。アシェットのエアファイターがかなり丁寧に感じられるほど、各所がヌルいし大雑把です。‥‥でも、どうしてもアカん部分だけ修正して、塗装ハゲや汚れなどを施して飾ると、それなりに見えるシリーズでもあります。

 

 

エアファイターコレクションは無理することなく、F-14の主翼などの薄いパーツには樹脂を用いて、スケールに見合った薄さと繊細なモールドを表現していました。一方、創刊号のF-4EJはダイキャスト製の主翼がディテール表現上で仇(=溝の幅が広く鈍くオーバースケール)となっていますネ。

 

手に取った時の重量を演出するためにダイキャストを使うのは理解できるので(タミヤの1/48もそうですし)、一部分にダイキャストを使いつつ、柔軟に樹脂パーツも取り入れて、全100号を構成していただきたい‥‥と思うばかりです。

 

 

毎号税込2200円の定価ゆえに、2200円以上の過度な期待は禁物です。製品時点での存在感・実物感などのディテールアップは皆無です。単にパーツを塗り分けてあるだけ‥‥ですが、1/100の小スケールなら、塗り分けだけでも嬉しいです。キャノピーとか、1/72だって大変ですもんネ。

 

なので、ユーザが自分でスミ入れ。エアファイターコレクションに限らず、完成品シリーズなら、「儀式」みたいなもんです。

 

 

 

スミ入れは、黒だと濃すぎて、グレーだと薄すぎるので、タミヤのブラックとグレーのスミ入れ塗料をミックスして‥‥

 

 ・ ● ・ ・ ・ ● ・ グレー

 

‥‥の黒丸位置の割合のような、かなり暗いグレーとやや暗いグレーの2種類を用意しておくと便利です。

 

*タミヤのスミ入れ塗料。このままだと、濃いわ、薄いわで、使い勝手が悪いです。

 

 

トムキャットの米海軍グレーは明るい色調なので、やや暗いグレーでスミ入れします。

 

 

 

 

そうすると、今まで微かな陰影だけで見えていたディテールに、薄墨が流れ込んで、細かいディテールが浮かび上がります。

 

 

 

 

はみだした部分をエナメル溶剤と綿棒で拭き取れば、さくっと完成。

 

 

 

 

スミ入れの前と後を比較すると、「ディテール線の濃さ」で違いがわかります。スミ入れ前は、のっぺりして味気なかったディテールが、光の加減に頼らずとも、スミ入れによって強調されて目視できます。

 

 

*スミ入れ前↑

 

*スミ入れ後↑

 

アニメの作画でも、ディテール線を描き込んで「メカ感」をアップするのは、常套テクニックですもんネ。ソレと同じです。

 

実はスミ入れ本来の効果以外にも、綿棒ではみだしを拭き取る時に、綿棒に染み込んだ薄墨が思わぬムラを表面に与えるので、無味乾燥な塗装表面にかすかに表情が出るのです。拭き取る際の綿棒の動かし方で、「経年変化」「使用感」をごく控えめに表現すると、味が出ます。

 

エアブラシをお持ちの方は、ここからさらに排気煙のススやヤケ、暗部の表現や空気遠近などを表現しても良いでしょうが、まあ、そこまでしなくてもスミ入れだけで十分「気分に浸れ」ます。

 

細かく手を入れると、そもそも安価な完成品の品質が気になりだして、本末転倒になりますもんネ。完成品は「自分で作らないからイイ」んですから。

 

スタンドにつけると、こんな感じ。

 

 

 

このエアファイターコレクション。今後のラインアップは、中々ソソる機種がありまして、

 

MIG-23

MIG-25

SU-22

SU-24

SU-25

A-5

A-6

A-7

F-105

F-106

 

‥‥と、現在の日本のプラモメーカーが製品化してくれない機種を、どんどん繰り出してきます。現時点で公表されているのは41号までのラインアップですから、42号以降、F-100とかA-4、MIG-15, 17 ,19なども出してくれるかも?

 

A-5ビジランティとかF-106デルタダートとか、日本じゃ不人気過ぎて、もう絶対、日本のプラモメーカーは新製品ださないでしょ。比較的人気がありそうなF-105サンダーチーフだって危うい。

 

全ダイキャスト製だったら(透明部品は除いて)、ディテールの荒さが予想できて、むしろほとんど買わないままスルーだな‥‥と思っていましたが、樹脂と金属のハイブリッドなら話は別です。

 

トムキャットは十分、値段に見合う内容でしたしネ。もし自分でキットを買って作ったら、2200円のコストなんかじゃ済むわけないヨ。

 

う〜ん、ヤバい。


エアファイターコレクション

エアファイターコレクションです。

 

 

いつものアシェットから、新シリーズ開始です。

 

初刊が799円だったので買ってみました。

 

中身は、パッケージの写真の通りの出来栄えです。お世辞にも繊細なスジ彫りとは言えませんが、こうした本屋さん模型・安価完成品の標準的なクオリティだと思います。

 

最近はメーカーも冒険してくれず、零戦、Bf109など、メジャーな大戦機しか発売してくれませんが、このシリーズは‥‥

 

A-10

MIG-29

MIG-25

グリペン

 

‥‥など、1/100ではみかけない機体、しかも戦後のジェット軍用機をリリースしてくれるので、ムシ食い、ムラ買いで揃えようと思います。

 

ちなみに次号はF-14。これは買っとく。

 

 

1/100ならばタミヤのミニジェットシリーズ再販物でさらに自分でバリエーションを増やせます。タミヤは、MIG-19やIL-28が手に入るのは貴重ですが、シリーズ機数が少ないのが難点でした。

 

 

アシェット1/100のエアファイターシリーズが今後どんな機体をチョイスしてくるかが楽しみです。

 

ただ、アシェットのは飛行状態のみで、着陸状態が選べませんので、場合によってはタミヤのも飛行状態で作ると良いかも‥‥です。(スタンドは自作‥‥になりますが)

 

まあ、飛行機は足を閉じた飛行状態が一番美しいので(そもそも飛行するために設計された)、飛行状態一択でも私はあまり気になりません。

 

完成品塗装済みとは言え、2000円越えの決して安いとはいえないシリーズなので、出来が良く珍しい機体だけを買えば良いかな‥‥と思います。

 

 


カメラ機材

撮影に備えて、SDカードなど、色々と追加購入しました。アニメの撮影監督はやらなくなったけど、レンズ越しのファインダーをのぞくカメラの撮影は、仕事でたまにあります。

 

今はClass10などの他に、UHS-Iとかもあって、色々迷います。私の一眼レフはUHSには対応していないので、UHSは気にせず、Class10のを2枚購入しました。今は大容量が安くてスゴいですネ。

 

 

合わせて、吸い取り用のHDDも購入。2.5インチの1TBと、外付けケースです。

 

後は、念のため、バッテリーを2個買い足し。‥‥非純正なので充電器込みで3500円でした。

 

 

RAVPOWERはiPadやiPhoneの充電器や充電池でお世話になってるので、非純正ですが、信頼しての購入です。バッテリーは純正品だとホント、高いですからネ。

 

本番の撮影前に、今度の花見でテストしてみよう。

 

 

カメラ本体は‥‥4K60pが撮影できるモデルが出たら買いますヨ。それまでは、今ので十分です。

 

Canonさん、次世代の一眼レフカメラ、期待してます。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM